vol.03

替え袖であそぶ

暑い暑いといっているうちに、もうすぐ9月。
6月、9月は単(ひとえ)の季節ですね。
とはいっても、単の襦袢を持っている人は少ないはず。
そこで便利なのが、替え袖です。小紋や紬に、かわいい替え袖を合わせて、あそびませんか?
2部式のお手軽な襦袢に、袖だけ付け替えるのです。

布地は襦袢地でも洋服地(薄手)でもかまいませんが、
あとから縮むといやなので、布は一度洗濯してから作るといいですよ。
袖は人によって裄も丈も違うので、お持ちのきものに合わせてください。
出来上がり寸法は裄も丈も、きものの寸法からマイナス1センチです。

寸法

袖口側は耳や布端をそのまま使います。
袖付側と袖下の縫い代は4センチです。

さいしょ
ぬいめ

袖下を袋縫いにします。
まず、布の表から縫い代を1センチ取り、まっすぐに縫います。

裏に返す

次に、裏に返して中表にして、もう一度縫います。
襦袢の丈(出来上がり寸法)よりも2ミリくらい下を縫ってください。表に返した時ちょうど良くなります。

ぐるり

袖下の袋縫いができたら、また表に返します。
袖口の止めを、きものの袖口より3センチ下で留めてください。ここは糸を通して結ぶだけでOKです。
そして袖付側を三つ折りにして縫います。

角を折り返す

ここで、裏ワザをひとつ。
振りからちらっと覗く襦袢はお洒落ですが、あまり飛び出してるのはいただけません。
そこで、たもとの角(写真の左上部分)を一折して軽く留めてみてください。
それだけで飛び出し防止になります。
これで替え袖は出来上がりです。

袖をつける

出来上がった替え袖を二部式襦袢の身頃に縫い付けます。
この時は、あまり細かく縫う必要はなく、大きめの縫い目で十分です。
付け替えるのが簡単なことが基本ですから。

できあがり

何枚か作っておくと、袖丈の違うきものにも同じ襦袢で、すぐに付け替えて使えます。
手縫いでも、ミシンでも大丈夫です。お試しください。

針仕事・文/川名葉子 写真/八谷浩美

21 August 2012