クマさんの和更紗草子 其の二十一

武士が好んだ和更紗


江戸時代の武具、陣羽織や刀袋などにはなぜか、和更紗文様で染めた木綿が使われていることが少なくありません。
しかし、文様は現代人が見れば可愛い小花文様や優しい色合いで武士とは結びつかないイメージです。
当然、武士たちはかわいらしさを基準で選んだのではないでしょう。

刀は湿気に弱いので、普段は木製の白鞘(しらさや)に入れ、さらに刀袋に入れて収納します。
木綿の刀袋は丈夫で弾力があり、しかも、除湿効果もあるので、大切な刀を保護する袋物として適した素材です。
武具だけでなく、さまざまな茶道具や紙入れ、煙草入れなどの袋物にも木綿が多く使われています。

画像1      画像1


江戸時代の木綿の染め物の多くは、藍染めで単色で大柄な文様がほとんど。
それに比べ和更紗は多色染めで、しかも色鮮やかで、人目を引き、当時の最先端の染めものであり、
刀袋に使えば権威付けにもなったでしょう。

もちろん、名刀ならば名物裂といわれるような高価で貴重な布に納められたでしょう。
和更紗使用の刀袋は名物裂よりは価値が落ちますが、
多くの刀はこのレベルの布に納められていたのではないでしょうか(確信はありません)。
中には紙衣の刀袋もあります。(右の画像は、それぞれの文様の拡大写真です)

画像1      画像1     画像1

画像1     画像1      画像1     画像1


刀袋の他には陣羽織に使われていた和更紗が残っています。
陣羽織からチラリと見える裏側に色鮮やかな和更紗を使ったり、
写真のように意表を突いたまん丸の形の和更紗陣羽織もあります。
和更紗のおもしろさを充分に生かしたデザインです。
実用性はともかく、武士なりに人目を気にした洒落心が感じさせられますが、
常に命と対峙している武士にとっては、戦いの場で身につけるものについては縁起をかつぎ、
周囲に対しては強さを見せることが大切。それを表すアイテムとしては和更紗が適していたのでしょう。

画像1     画像1
陣羽織を着るときは、右のような形になります。

画像1     画像1

画像1     画像1
右のような子供用の鎧下もありました。ごく初期の和更紗技法が使われています。


「ゆがけ」という、弓を引くときの
革の手袋にも和更紗文様が染められています。
実は革に文様染めを行ったのは平安時代といわれています。
ゆがけだけではなく、武具に使われている革には
このように文様が染められています。
命を守る武具だけに
身の安全を願う不動明王などの文様が染められています。
また、強さの象徴として獅子と百花の王、牡丹の組み合わせも
人気がありました。
この革染めの技法が江戸時代になって
木綿の和更紗染めに大いに影響を与えています。

画像1


「鎖帷子」。人はとんでもないものを考えるもので、全身を鎖でくるんで、身を守るという発想。
安全かもしれませんが重くて身動きがとれないのではと心配。
写真の帷子は鎖を和更紗木綿の間に入れているので、外観では鎖は見えません。
しかし、当然、相当な重量です。丈夫で柔らかな木綿だからこそ、この様な加工ができたのでしょう。
文様は蜀江錦という中国の織物文様に似せた型染めです。家紋は和更紗の上に重ねて染めたものです。
「木瓜(もっこう)」文様は平安貴族の衣装にも使われた伝統のある家紋ですが、江戸時代には多くの武将に使われていたようです。

画像1     画像1

画像1


このように、和更紗と武士の関係は意外と深く、使用量も多かったと思われます。
需要が多ければ技術も発展し、価格はそれなりに安くなったでしょう。

和更紗はやがて、町民にも普及して文様の種類も一気に多くなりました。
武士の使用が和更紗の発展に大きな影響を与えたことは確かでしょう。


11 February 2020

*このページに掲載されたコンテンツは熊谷博人に帰属します

バックナンバー
其の二十蕪村と堀川更紗11 January 2020
其の十九和更紗の技法11 December 2019
其の十八古渡り和更紗11 November 2019
其の十七『佐羅紗便覧』と和更紗11 October 2019
其の十六和更紗おもしろ柄⑬ 寄裂文様(染め分け文様)11 September 2019
其の十五和更紗おもしろ柄⑫ 器物11 August 2019
其の十四和更紗おもしろ柄⑪ 幾何Ⅱ(丸、立涌)11 July 2019
其の十三和更紗おもしろ柄⑩ 幾何Ⅰ(縞、格子、格天井、菱)11 May 2019
其の十二和更紗おもしろ柄⑨ 動物11 April 2019
其の十一和更紗おもしろ柄⑧ 象11 March 2019
其の十和更紗おもしろ柄⑦ 獅子15 February 2019
其の九和更紗おもしろ柄⑥ 鳥11 January 2019
其の八和更紗おもしろ柄⑤ 霊獣霊鳥11 December 2018
其の七和更紗おもしろ柄④ 小花文様11 November 2018
其の六和更紗おもしろ柄③ 唐花文様11 October 2018
其の五和更紗おもしろ柄② 唐子11 September 2018
其の四和更紗おもしろ柄① 長崎版画と和更紗11 August 2018
其の参和更紗の誕生とファッション③ 和更紗の魅力11 July 2018
其の弐和更紗の誕生とファッション② 和更紗の誕生06 June 2018
其の壱和更紗の誕生とファッション①11 May 2018


『和更紗 江戸デザイン帳』
本体価格 1800円
ご注文は熊谷事務所の
Facebookページから
メッセージをお送りください。
著者のサインが入った本が
お手元に届きます。
Please purchase from Kumagai Office.