クマさんの文様がたり

色紙 短冊

七夕の笹には願い事を書いた短冊や色紙を結びます。
願い事が叶わずとも、こうした年中行事を大事にすることで、日常から離れ、
生活にメリハリがついて気分も新たになります。
ところで、七夕の笹に願い事を書くようになったのは、いつ頃からなのでしょうか。
短冊の原型は奈良時代からあり、細長い料紙で作られていたようです。
「短籍」「短策」「短尺」とも書かれたようです。読み方は「たんざく」「たんじゃく」。
歴史的には色紙の方が古く、奈良時代から使われ、
平安時代には、歌集や、詩書のなかに染め紙を用いた装飾的な紙が見られます。
平安時代は日本産の「和紙」の技術が大きく発展した時代です。
「懐紙」といい、公家たちは常に懐に和紙をたたんで入れていました。
現在でも茶席で使う用途の他に、即席の和歌を書き留めるメモ用紙としても使い、貴族の必需品でした。
後に「詠草料紙」といって、雲のような模様を漉き込んだり、墨流しや、金銀箔を使ったり、
色紙をずらす「重ね継ぎ」などといった、現在まで伝承されている高度な加工技術を必要とする良質な紙ができました。

懐紙を十文字に四等分したものが色紙、縦に八等分したものが短冊で、これが色紙と短冊の原型といわれています。
後に、色紙の寸歩を決めたのは鎌倉時代の歌人藤原定家とされています。
平安時代末期には歌会の時にこの細長い料紙で作られた短冊を使いました。
貴族が催した「曲水の宴」では庭園の小川に沿って座った歌人が、流れる杯に合わせて、歌を筆で短冊にしたためました。
江戸時代になり、さらに、さまざまな種類の装飾短冊ができました。

七夕飾りとして、短冊などを笹に結ぶようになったのは江戸時代から。
願い事のほかに、書道の上達を祈って寺子屋などでも子どもたちが飾りました。
七夕飾りの用紙は当初は短冊か正方形の色紙でしたが、天保(1830~1844年)の頃には、
瓢箪形、西瓜形、ほおずき形、筆形、帳面形など複雑な形の色紙を作り
「短冊売り」と「笹竹売り」が一緒に路地裏まで売り歩いていました。
江戸の商家では七夕飾りの笹竹を、屋上に高々と競い合うように立てた様子が浮世絵に残っています。

笹竹売りと短冊売り

笹竹売りと短冊売り

『年中故事附録』寛政4年(1792)
笹竹売りは江戸だけのもの。短冊は長方形だけではなく、瓢箪形もありました。
(短冊売りがぶら下げているのが見えます)

七夕

七夕

旧暦7月7日の夜が星を祭る年中行事、中国伝来の乞巧奠(きこうでん)と
日本の「棚機つ女(たなばたつめ)」の信仰が集合したものといわれています。

色紙短冊 色紙短冊
色紙短冊1 色紙短冊2

願い事を書いた色とりどりの色紙や短冊を、笹竹に結びます。

色紙短冊

色紙短冊3

五色の短冊の色は五行説に当てはめた、緑、紅、黄、白、黒の5色。

色紙短冊

色紙短冊3

赤い短冊は好きな人に届ける恋の歌でしょうか。
古来、花見は歌舞音曲の宴会ばかりではなく、和歌、漢詩、連歌などの風雅な文芸遊びも行われていました。
燕は遠方から良い知らせをを運ぶといわれる渡り鳥、短冊に書かれた恋の願いが伝わったでしょう。
花札にも「桜に短冊」があります。こちらは風雅かどうか?

江戸時代は文芸も盛んになった時代です。
当時、識字率は世界一といわれ、俳諧や和歌の会は庶民の間にも普及していました。
レベルを問わなければ老若男女、身分の上下に関係なく、気軽に参加できたことが大きな特徴でしょう。
古典落語の『崇徳院』は「瀬をはやみ 岩にせかるる滝川の、、、」の歌が鍵になる噺です。

江戸時代の歌人で現在最も知られている人は良寛和尚でしょう。
わたくしも良寛の書が好きで、一時期まねをしようとしたのですが、
こちらは文字の基本のきの字も知らないので、文字の崩し方もわからず、すぐに挫折しました。
いずれ再挑戦しようと思っています。

09 July 2014

*このページに掲載されたコンテンツは熊谷博人に帰属します

バックナンバー
vol.102水辺の風景02 July 2014
vol.101亀甲 毘沙門亀甲25 June 2014
vol.100菱と松皮菱18 June 2014
vol.099蜀江(しょっこう)11 June 2014
vol.098柏と沢瀉(オモダカ)04 June 2014
vol.097唐子28 May 2014
vol.096鳳凰21 May 2014
vol.09514 May 2014
vol.09407 May 2014
vol.09330 April 2014
vol.092蜘蛛の巣 蛸絞り23 April 2014
vol.091蹴鞠(けまり)、手鞠(てまり)16 April 2014
vol.090牡丹09 April 2014
vol.089小花02 April 2014
vol.088将棋の駒26 March 2014
vol.087王朝趣味19 March 2014
vol.086かぶり物12 March 2014
vol.085早蕨 (さわらび)05 March 2014
vol.084紗綾形 (さやがた)26 February 2014
vol.083源氏香19 February 2014
vol.082役者文様12 February 2014
vol.081海老・蟹05 February 2014
vol.080三番叟29 January 2014
vol.079扇 扇子22 January 2014
vol.078初釜15 January 2014
vol.07708 January 2014
vol.076正月飾り 熨斗(のし)01 January 2014
vol.075十二支25 December 2013
vol.074座敷遊び18 December 2013
vol.073千鳥11 December 2013
vol.07204 December 2013
vol.071楽器27 November 2013
vol.070水鳥20 November 2013
vol.06913 November 2013
vol.068秋の収穫 大根06 November 2013
vol.067唐草30 October 2013
vol.066鐙(あぶみ) 武蔵野23 October 2013
vol.065苧環(おだまき) 糸巻き16 October 2013
vol.064小紋の文様構成
(繋ぎ、散らし、破れ、崩し、尽くし文様)
09 October 2013
vol.063小紋三役02 October 2013
vol.062露芝(つゆしば)と秋草25 September 2013
vol.061月と兎18 September 2013
vol.060茄子11 September 2013
vol.059葡萄04 September 2013
vol.058撫子 ナデシコ28 August 2013
vol.057瓢箪(ひょうたん)21 August 2013
vol.056麻の葉14 August 2013
vol.055蝙蝠07 August 2013
vol.054朝顔31 July 2013
vol.053鉄線24 July 2013
vol.052立涌(たちわく、たてわき)17 July 2013
vol.051浴衣10 July 2013
vol.050七夕 星03 July 2013
vol.049雑巾 江戸のリサイクル26 June 2013
vol.04819 June 2013
vol.047雨 雨龍(あまりょう)12 June 2013
vol.04605 June 2013
vol.04529 May 2013
vol.04422 May 2013
vol.04315 May 2013
vol.042江戸の子どもたちと玩具文様08 May 2013
vol.041端午の節句 菖蒲文様01 May 2013
vol.040貝文様 潮干狩り24 April 2013
vol.039向かい文様  江戸時代の恋愛観17 April 2013
vol.03810 April 2013
vol.037霞か雲か03 April 2013
vol.036桜の花見27 March 2013
vol.035「花」といえば桜20 March 2013
vol.034春野13 March 2013
vol.033蘭、四君子06 March 2013
vol.032桃の節句27 February 2013
vol.031天神様と梅20 February 2013
vol.03013 February 2013
vol.029竹 - 206 February 2013
vol.028竹 - 130 January 2013
vol.02723 January 2013
vol.026蓬莱山と松16 January 2013
vol.025門松09 January 2013
vol.024宝尽くし03 January 2013
vol.023留守文様26 December 2012
vol.02219 December 2012
vol.021悟り絵12 December 2012
vol.020吹き寄せ05 December 2012
vol.019銀杏28 November 2012
vol.018紅葉狩り21 November 2012
vol.01714 November 2012
vol.016道具07 November 2012
vol.015人物文様31 October 2012
vol.014実りの秋24 October 2012
vol.01317 October 2012
vol.012草双紙と文具10 October 2012
vol.011小紋-2 型地紙と型彫りの技法03 October 2012
vol.010小紋-1 江戸小紋26 September 2012
vol.009江戸のガーデニングブーム19 September 2012
vol.008重陽の節句12 September 2012
vol.00705 September 2012
vol.006文字小紋29 August 2012
vol.005蜻蛉(とんぼ)22 August 2012
vol.004団扇15 August 2012
vol.003波文様五題08 August 2012
vol.002『波紋集』01 August 2012
vol.001梅鶴に松葉(うめづるにまつば)25 July 2012